カミユイスタイルなブログ

長年ロングヘアーだったNさん。
20年ぶりに肩より上の長さに挑戦。
当店との付き合いも長いですが、バッサリ切るのは初めて!

朝ごはんも喉に通らなかったようで
緊張した趣でご来店してきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このようなオーダーが入ってきますと、切る前はしっかりお話を聞きますが、
いざ切る時は、一気にアウトラインは作っていきます。
その時、僕の頭の中に迷いはありません。
だから、バサバサ長い間大切にしていた髪の毛も、
どんどん床の上に落ちていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デザインを作るのは、アウトラインを作った後でございます。
この時は慎重に、ラインを整えていくわけですが、Nさんの場合
くせ毛が強く、超乾燥毛ですから、一番注意しないといけないのが
髪の毛がぼさっと広がってしまうことです。
まして、パーマをかけてくせ毛とマッチさせたいわけですから、
カットでの質感調整には、逆発想で作っていきます。

逆発想とは、広がる髪の毛ですから、広がっても形がつくように、デザインしてしまう・・・
通常このような髪の毛は、広がらないように切っていきますが、そのように切っても、しばらくすると、やはり広がっていきます。
だから、広がることを前提にカットを施すのが、カミユイ流です。
そうすれば、長くいい状態の髪型が維持できます。

スタイリングの方法は、広がりを抑えるのではなく、もともと広がるのですから
それを利用してしまえばいいことになります。

これは、一般的ではないので、逆発想っと言っています。

Nさんは、気分もかなり変ったようで、たのしそうに帰って行かれました。

__ (4)

Nさんは、自宅の手入れ方法が、当店の勧めるM3や果汁シャンプーは使っておりませんので、髪の落ち着きはどうしても悪くなりがちです。
だからこそ、カットやパーマの掛かり具合が重要になります。

くせ毛に、超乾燥でアカラーをご自分でされている方の髪の毛を、落ち着かせる方法はそんなにありません。
ポピュラー方法は、縮毛矯正になりますが、それだけでは、さびしい気もしますから
当店もいろいろ考えてきました。
スタイリング剤なども必要になってきますが、もっともっと自分の癖を生かした、ヘアーデザインが可能になるように、努力していこうと思います。

「非常識に髪の毛がサラサラ・ツヤツヤになる方法」15日間無料メールセミナー