カミユイスタイルなブログ

ほとんどの方が、口をそろえて言われるのが
手入れの楽な髪型
年代が上がりますと、若々しく見える髪型
・・・と希望されます。
髪の毛の傷みを回復したいという方は、実際すぐにはオーダーしてきません。
お話を伺っているうちに出てくる問題点です。

Kさんは60歳代。この長さはおしゃれなのですが、
少し毛先の落ち着きがどうしても悪い長さ。
このような長さには、少し毛先にパーマを施せば
手入れは格段にしやすくなります。
これは、年代を超えて通用する方法です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

伸ばしかけの方も、この長さをキープしたい方もパーマを施すことで
オシャレ度が増してきますが、すごく大事になるのがパーマの掛かり具合かと思います。
変に強くかかり過ぎると、スタイリング剤をたっぷり使わないと、落ち着かないパーマになったり、ゆるければ乾いても跳ねるだけ!
ならば、強くかけるしかないのか…ってことになりがちですが、
若々しく、柔らかい雰囲気を出したいのにハードな掛かりだと、ブローが必要になってきます。

そのようなパーマははっきりいって人気がないどころか、ほとんどの方は望んでいないはず。パーマの掛かり具合ってすごく大事ですし、ただ乾かすだけでふわっとカールが残るのもすごく大事!
Kさんは本日ヘアカラーも同時に施術いたしました。
その後パーマを施術。
パーマ終了後の状態です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

当店は、ヘアカラーとパーマの同日施術は基本的にしてきませんでした。
髪の健康を考えてのことです。

しかし、薬液を探し、検証して、同時施術を施しても後々髪の毛にダメージを残さないことが確認できましたので、時間が取れない方などにはカラーパーマの同日施術も可能になりました。

ラフドライで仕上がった状態です。一切ブラシは使っておりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

毛先にはスタイリング剤もつけていません。
後は、好みで若干のスタイリング剤をつけてもいいですが、
あまりお勧めはしませんが、Kさんには必要ないと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

オーガニックカラーとパーマの合わせ技に電子トリートメントをたっぷり

シャンプー後乾かすだけで、毛先にプリッとしたカールが出来上がっていきます。

「非常識に髪の毛がサラサラ・ツヤツヤになる方法」15日間無料メールセミナー