Blogブログ

最新のトレンドやキレイになる情報を発信していきます

似合う髪型について片山の思考を話していきます

今から記載していく内容は、2020年ごろの5月ぐらいから、アマゾン電子書籍のヘアケア部門で売れ筋トップテンの2位まで上がり、1年間ぐらいずっとランクが落ちても20位以内にランキングされていた本から抜粋して記事を書いていきます。

髪型について、この記事を読んでいるあなたにかお役に立てることを願って書いていきます。

皆さん始めまして。こんにちは。 

ヘアーランド髪結床の片山と申します。 

もし貴方が、自分のヘアースタイルや髪の毛のことでお悩みなら、 

又、自分にあった髪型がどうしても見つからないとお嘆きなら、 

そして、さらに美しい髪の毛を手に入れたいと思っている方であれば 

“この話は参考になるかもしれません” 

なぜなら、延べ16万人の髪を切り続けてきた私が、 

これまであまり知られることのなかった、美容室現場のノウハウを詰め込んでいます。 

いきなり強気な言葉で申し訳ございません。

 

改めて自己紹介させていただきます。 

私は現在美容室を営んでおります。今でもサロンに立ち、日々ヘアーデザインを創り続けている現役の美容師です。 

今まで40年間延べ16 万人以上の男女の髪を切りつづけてきました。 

この数字が多いか少ないかは、皆様の御判断にまかせるとして、その過程で多くの失敗をしてきました。 

その中でつかんだ「プロから伝えたいノウハウ」を電子書籍として紹介することにしました。 

この本で貴方が得られるヘアケアや似合う髪型探しのノウハウの一部を紹 

介しますと・・・ 

★自分の顔や体系にあった髪型が見つけやすくなります。 

★美容師・美容室選びに失敗しなくなります。 

★今までわからなかったヘアケアの悩みから解消されます。 

ところで 自分に似合う髪型ってわかっている人少ないと思います。 

多くの方は好きな髪型が、結果的に似合っている場合が多いようです。 

私たちの業界では「造形心理学」を利用して、ヘアースタイルを提案している 

美容師がこの25年の間増えてきていると思います。 

なぜ「造形心理学」が必要なのか。それは、美容師の仕事の中で大切な部分の 

「感性」(センス)という形のないものを、人に伝えるときに、非常に役に立 

つからです。又、デザインを創るのにも非常に役に立ちます。 

ヘアースタイルというものは、ほとんどの方が、周りの方からの評価が、つい 

て回ります。似合っているとか、かわいいとか、若くなったね、といろいろ 

その基準は十人十色。それぞれの好みで判断されます。 

このあいまいな「好み」をある程度の基準や規則に近いものに、変えられることができるのが、「造形学」でした。 

「造形学」は、本来さまざまな理論や技法が集大成された専門的な学問ですが、 

私達が利用しているのは、基本的な形の基礎理論と、形の持っている心理作用です。少し堅い話になりますが、本来自由であるヘアースタイルという形を、ある一定のルールに当てはめて、創作し、さらにそこから色々な味付けを加えて個性的なスタイルへと変化させているのです。 

形にはそれぞれの形の持っている心理作用、つまり印象があります。 

たとえば、上の図のように丸は穏やか、三角は鋭い、といったように、その形から受ける印象はそれぞれ違います。ヘアースタイルも1つの形である以上、印象を持っています。あなたもスタイルを選ぶときや注文する時に、「顔が小さく見えるように」「かわいく」「大人っぽく」「スポーティに」など、自分が他人にこう見られたいという思いが少なからず、あると思います。 

その思いを担当の美容師さんに、伝えることも、自分に似合う髪形を見つける近道になるかも知れません。 

私は今現在も日々へアーデザインを創り続けていますが、 

いい美容師に出会うことは、女性にとっても男性にとっても財産になります。 

また多くのお客様に出会うことで美容師も成長していきます。 

なかなかお気に入りの美容師が見つからない。思い通りのヘアースタイルにならないと言った不満も良く街で耳にします。 

「どうして、見つからないのでしょう」素敵で思いやりのあるスタイリストは必ず貴方の側にいるはずです。 

「どうして思い通りの髪型にならないのでしょう」美容師のせいも多分にあります。しかしチョット知っているだけで簡単にその失敗を自分で何とかすることが出来ます。その秘密を一挙公開しちゃいます。どうぞゆっくりご覧ください。 

関連記事

電子トリートメントで綺麗にLINE@

電子トリートメントのことがわかる
登録無料

友だち追加

美容室最前線音声セミナー

電トリ無料メールセミナー

日本電子トリートメント普及委員会