カミユイスタイルなブログ

毛が抜けるから薄くなるのか?

誰でも、毛は抜けますし、その本数も1日平均50本・60本~100本・120本くらいまでと幅があります。でも薄くなるときは、ちょっと抜けるだけでも段々と毛が減っていくように感じると思います。通常より相当数の抜け毛がある場合は
抜け毛を減らせば毛が増えるという勘違いをしやすくなります。

今日は、抜け毛から始まって、いつの間にか薄毛になってしまっている
方に記事を書いてみたいと思います。

まずは、このような方達がおおよそ髪の毛の量が減っていきやすいタイプになっていきます。複数(10個以上)当てはまる方は注意が必要です。
男性は特に要注意になります。

薄毛の原因色々

1 生まれつき細い毛だ(毛を育てる力が弱い)
2 この3年~5年くらいの間、抜け毛はほとんど無かった。
3 市販のシャンプーや石鹸シャンプーでの洗髪のし過ぎ
4 市販のリンス・トリートメントを毎日使っている(間違った使い方)
5 朝シャンしている
6 その他のヘアケア製品の使い過ぎ。毎日使っている
7 育毛剤の作用だけに頼っている(間違った使い方 )
8 冷え性
9 肩こり
10 運動不足
11 低血圧、高血圧
12 貧血気味
13 じっとしている(特にパソコンを睨んで仕事をしている)
14 海の塩と直射日光
15 水道水やプールの塩素
16 好き嫌いの激しい食習慣
17 サプリメントで栄養を摂っている
18 不規則な生活習慣
19 睡眠不足
18 ダイエット
19 体の血の巡り
20 遺伝的要素
21 男性ホルモン
22 清潔志向が強い
23 細かいことや小さいことにこだわる
24 抜け毛ばかりが気になる
25 自己中心的
26 生真面目
27 いつも疲れていてやる気がでない
28 体力低下
29 夏ばてがひどい
30 精神的なこと(弱いということ、前向きになれない)
31 ストレス(強いショックを受ける)
33 ストレス(人間関係で悩みやすい)
34 ストレス(仕事や勉強のことでの悩み)
35 仕事のに追われいつもあくせくしている
36 いつもイライラしている
37 アレルギー体質 (花粉症、アトピー、喘息、かぶれ、等)
38 その他、強い薬液で、頻繁にパーマやカラー、縮毛矯正などを繰り返している等

さて、いかがでしたか?

男性と女性では、ホルモンの関係で抜け毛の状態も変わってきます。
薄毛になっていく過程で、よく言われるのが皮脂の異常な分泌があります。
その部分にフォーカスを当ててみたいと思います。

201005072200

皮脂の分泌が増えるのはちゃんと理由があります。

女性は、本来、体質上皮脂の分泌が多くはなりません。
ですから、皮脂が多くなる理由が女性の薄毛の原因の一つだと言われているのです。

もし、貴女が「頭皮が脂っぽい、ベタ付く」と感じるなら、
皮脂の分泌を増やすシャンプーと行為・育毛方法とシャンプー法が薄毛の大きな原因の一つだと考えてもいいと思います。

シャンプーとシャンプー法が問題

今、薄毛にはよく洗って皮脂をとらなければという育毛理論が主流になっていますが、
実際は、洗い過ぎによるマイナスが出ていることを忘れないでください。(あくまでも脂を取り過ぎるシャンプーでの洗い過ぎるシャンプー法により皮脂を取り過ぎていると言うことです)

体の仕組みを考えるとよくわかると思いますから少し説明します。体の仕組みは「取れば減る」というような単純なものではなく、取れば補充する機能が働きます。
減るのが激しくなれば分泌の量をふやす機能が働きます。
皮脂も取れば補充されるし、いつも取り過ぎていると皮脂腺が肥大化して大量に
皮脂を分泌するようになります。
取ることで自ら皮脂の分泌を増やしているのです。

酷暑だった、夏が過ぎ秋がやってきますが、今年(2013年)はおそらく例年より抜け毛が増える方が多くいらっしゃると思われます。夏場の疲れも出始める頃ですし、外気に急速に対応するために体の作用が追いつかないためにおこってくる現象ですが、皮脂を取り過ぎてしまうような強いシャンプー剤などは、さらに抜け毛を助長していきます。使わないのが賢明だと思います。

長い文章をここまで読んでいただき、ありがとうございました。

結論ですが

毛は抜けていっても、通常は薄毛にはなっていきません。

また、薄くなっていても、効果の上がるものを使用し始めますと

抜け毛あっても、それ以上、薄くならない時期が続きます。そしてそのあと髪の毛が増えていくという状況が続くようになります。

ご相談はお気軽に

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

「非常識に髪の毛がサラサラ・ツヤツヤになる方法」15日間無料メールセミナー