カミユイスタイルなブログ

髪の毛の表面につやを出す方法は、いろいろございます。

髪の毛の水分量や油分の量は10歳を境にして落ちていくといわれます。

生まれて10年足らずで、老化が始まるわけです。

そんな・・・と思われるでしょうが、実際現場で日々髪の毛を触っていますと

10代の子供の髪の毛は、ずいぶんいろいろなヘアケア剤の弊害を受けているのは、仕方ないかもしれません。

写真の高校生は、その弊害をあまり受けていない髪の毛ですが

それでも毛先や、中間はアイロンなどを毎日行っているせいか

少し切れ毛などはあります。

また髪の毛を伸ばしているので、毛先は少しアイロン焼けしています。

電子トリートメントでしっかり水分補給をした後の髪の毛ですが

ずいぶんウエートがもっちりと出てきました。

髪の毛はタンパク質でできていますから、そこに温度の高いアイロンなどを施術していくと、どうしてもタンパク質が変質していきます。

たとえますと、目玉焼きの白みの部分が変わっていくのと一緒です。

たんぱく質は熱が加わっていくと硬くなる性質があります。

それを毎日くりかすと、どうしても髪の毛は、硬くバシバシになりやすく

弾力のない髪の毛に変わっていきます。

結果切れやすい髪の毛に変わっていきます。

できることなら、髪の毛内部に水分が残るように、

イオン化された電子トリートメントをふんだんにしみ込ませて

アイロンの熱からも守ってほしいと思います。

そうすれば、乾かしただけで、何もつけなくて

このような髪の毛が維持できます。

「非常識に髪の毛がサラサラ・ツヤツヤになる方法」15日間無料メールセミナー