カミユイスタイルなブログ

誰でも歳をとっていきます。これだけは止める事が出来ません。

本日はアンチエイジング(老化対策)としてとても重要な話をしていきます。
特に、お肌を若く保ちたいとお考えの方たちが、こぞって使っておられる、基礎化粧品としては高価な部類に位置する美容液についてです。

実は・・・

「殆どの美容液は、届いていません。」

多くの高級美容液は、肌の奥まで浸透!という宣伝文句は、法律で一応許されていますが
※角質層まで と小さく書いてあるように
実際は、ほんの表面にしか浸透していないのです。

それもそのはず。
もともと肌(皮膚)は、本来外から栄養分を吸収するようにはできていないからです。

だから、私どもは

「美容液って、なんか売るのに抵抗あるよね。
だって、実際届いてないんだもの。効くわけないし・・・。」

そんな風に思っていました。

数年前、ある美容液の存在を知った時、私どもは考えを改める必要に迫られました。

本当に、成分を肌の中に届ける技術があるというのです。

それは、イタリアとアメリカで開発された、ドラッグデリバリーシステム。
簡単に言えば、注射針を使わずに、麻酔をするために開発された技術です。

注射針を使わずに、肌の内部に麻酔薬を届けるにはどうすればいいのか?

カリフォルニア大学の薬学部で研究がおこなわれていました。

やがて、研究チームはリン脂質という成分で出来たカプセル(リポソーム)を開発しました。
その中に麻酔薬を閉じ込めて、カプセルが細胞間のわずかな隙間を滑り落ちるようにしたのです。

すべり落ちた後に、肌の内部でカプセルが崩れ中の成分が溢れ出てくる。
すると、肌の奥に薬が届けれるというわけです。

これは、画期的な技術でした。

なぜか。

抗がん剤をイメージしてください。
薬って、患部にだけ届けたいものです。

でも、経口、点滴などでは、ピンポイントは難しい。

残るは、患部に直接注射するしかない。
しかし、外傷は残ります。毎日注射をするわけにもいきません。

でも、この技術を使えば
麻酔薬にとどまらず、色んな薬をカプセルに入れて
皮膚から、患部にピンポイントで吸収できるようになったからです。

これ、薬の代わりに、美容成分入れたらどうかな?

そうやってできたのが、このC7です。
rp_t02200220_0220022013354129117.jpg

 

 

 

 

 

 

つまり、麻酔薬の代わりに、シミに一番効くピュアビタミンCを入れたものが、このC7です。

つまり、「塗る美容注射」といったようなものです。

それは、他の化粧品とは違い、本当に角質層を通過し、肌の奥底に成分が届けることができます。

点滴をした人ならわかると思いますが、中に何か入ってくると
サーッと冷たくなったり、温かくなったりします。

このC7の場合、それと同様で塗るだけで、
サーッと温かくなってきます。
当店にはサンプルを置いていますので是非試してみてください。

 

他社には真似出来無い、麻酔薬の技術から生まれた経皮吸収技術を使った美容液です。

「ビタミンC対ビタミンC誘導体」

カプセルの中には、他社が仕方なく使っているビタミンC誘導体ではなく、一番反応しやすいビタミンCそのものが入っています。

他社が、ビタミンC誘導体を選ぶのは保存性がいいからです。
空気中の酸素とすぐ反応して変質してしまうビタミンCは商品に使えません。
だから、誘導体を選ぶのですが、性能はビタミンCそのものには敵いません。

このC7の場合は、なぜ誘導体でない、ピュアなビタミンCをつかえるのか?
カプセルの中に閉じ込めるので、外気(の中の酸素)に触れません。
外気に触れないので、カプセルが壊れない限り酸化しません。

まずは、手の甲にさっと、塗ってみてください。
このカプセルの中に閉じ込めたビタミンCがあなたの肌の内部で
パチンとはじけて、サーッと肌が反応し始めることでしょう。

「あれ、なんか温かくなってきた。」
その反応こそが、本当に結果を出す美容液の証明なのです。

少し長くなりましたが、次回はこのC7を6年に渡って使い続けています当店のお客様の体験談を添えて

matunagasan

 

 

 

 

 

 

 

C7の物語2を話してみたいと思います。

そして、今回は今までにはない、特別なオファーも考えております。

楽しみにして記事のアップを待っていてくださいね。

 

「非常識に髪の毛がサラサラ・ツヤツヤになる方法」15日間無料メールセミナー