カミユイスタイルなブログ

剛毛やクセ毛、髪が太い方は毎日のヘアケアで変わります。

「剛毛やクセ毛は生まれつきだから・・・」とあきらめないで下さい。
よほどの強い縮毛でない限り毎日の手入れで変わっていきます。理由は先天的なものだけではないのです。
実は、多くの方は、「髪の毛」の中がすき間だらけです。髪表面も、キューティクルの間が、すき間だらけです。
すき間から、シャンプーや、トリートメントが入って、溜まって、硬くなって、固まって、溜まっていきます。
髪内部に入り込む成分はいいのですが、表面に残りすぎる成分の
「シャンプー・カス」は厄介です。髪の形が変るまで、溜まって、「くせ毛」になって、ゴワゴワ、ざらざら、枝毛、切れ毛の原因になっていきます。
「汚れ」や「カス」を取ってやれば、ツルツルと細くなって、「落ち着きヘア」に変わっていきます。
特に大事なのが「すすぎ」です。

特に縮毛は、水分が圧倒的に少ない状態から起こる状態ですから、なかなか悩みがつきません。
そもそも「髪がうねる」というのは、髪の水分量が均等でないために生じる「ねじれ」のことで、
水分が均一に届いていればおきません。
クセ毛の人が雨の日や、湿度の高いところにいくと、まるで暴れているかのように髪が膨れ上がる理由がこれです。
水分が不均等で極端に不足しているせいで、水気を一気に吸収しやすいのです。
このような髪の毛を落ちつかせるのは、不足している水分を補っていけば「湿気による髪の爆発現象」はある程度は防げます。
コンディションが整えば、必ずまとまりやすくなります。少しぐらい波状のゆるくうねったクセ毛もドライヤーでクリアできます。
髪の根元だけ乾かすようにブローをしてあげれば、クセ毛は落ち着きます。
根元には多くの水分があります。逆に毛先には水分が余りありません。
水気の多い根元を一気に乾かすことで、髪の毛の水分量が均一になってくるのです。
するとスルりとした手触りの髪になっていくのです。
「髪の保湿力」は剛毛やクセ毛の方には特に大事になってくるのです。

と・・・一般的にはこう言われております。

間違っていませんし、剛毛やくせ毛の方にはぜひ参考にしてもらいたいと思います。

ただもっと簡単に髪質が改善できる方法があることを知ってほしいと思います。

それが、果汁シャンプーとM3.3を混合したシャンプー剤になります。
上のような、ややこしい上のような説明が要らなくなってしまいます。

どうして?

溜まって、硬くなって、固まって、溜まっていく物がないからです。。
「シャンプー・カス」なんてありません。
いや、残っていても大丈夫。
すすぎもしっかりする必要もありません。

トリートメントなんてものありません。
果汁シャンプーとM3.3

シンプルで簡単な家でのお手入れアイテムなんですね。

「非常識に髪の毛がサラサラ・ツヤツヤになる方法」15日間無料メールセミナー