カミユイスタイルなブログ

当店は天然から作られた、ミネラルイオン水を使って、傷んだ髪の毛を再生することを得意としておりますが、本来、一度傷んだ髪の毛というのは、二度ともとには戻っていきません。
ですから、厳密に言うと、傷んだ髪の毛が健康な髪の毛に元に戻っていくことは不可能なわけです。

ではなぜ?当店が髪の毛の再生に力を入れているのか?

あまりにも、手間ひまをかけながら、髪の毛の改善が思うようにいかなかった方が多くいると思うからです。

従来の髪の毛の手入れ方法だと、傷んだ髪の毛表面をコーティング剤などで覆い、一時的には、手触りがよくなっていく感じがしますが、髪の毛の状態をさらに悪化させていく方がじっさいたくさんいらっしゃいます。

・・・と、今日はこんな難しい話をするために書いていません。
もっと簡単に髪の毛のことを話してみようかと思いました。

だから、お題が「9歳でもわかる髪の話」なんです!

大体が、美容師さんは髪の毛のプロですから、その道のことは知っていて当然なんですが、もっとわかりやすく髪の毛のこと話せないものかと・・・

実際、小学生に髪の毛のこと話せっと言われたら、それはもう相当言葉を選ぶと思うんですね。わかりやすくね。

では、はじめます。

このブログに来てくれる、あなたの為に

「9歳でもわかる髪の話」

私たちの髪の毛は実は、3つの層に分かれています。たとえるならお寿司の、”のり巻き”みたいな形です。

IMG_3677_1_1

髪の一番外側にあるのが「キューティクル」。のり巻きでいうと、”のり”の役目。魚のうろこのように重なり合っています。ご飯や具といったなかみ、つまり髪の毛の潤いなどをくるりと包んで守ってくれています。

キューティクルの内側にある潤いとは、のり巻きのご飯に当たる「コルテックス」っという名の水分、油分を大切に保持する場所です。

hair_2この「コルテックス」は髪の毛の90%を占める大切な場所なんです。

お米が体を動かす主食ということと同じですね。水分や油分といった大切なもの以外にも、たくさんの栄養素も含んでいる場所でもあります。また、ここにはのり巻きの味に深みを出す黒ゴマのように、髪の毛の色を決める「メラニン色素」というのが存在しています。ご飯の中心にはのり巻きの具がありますが、これが「メデュラ」と言います。

髪の毛の芯にあたりますが、その役目は実はまだ解明されていないのです。とても神秘的な存在なのです。細い髪の毛にはこの「メデュラ」は存在していないことが分かっていますが、髪の毛のハリ・コシには大きく関係していることが分かりやすいと思います。

中心に柱が立っていないと考えれば、細い髪の毛にコシがないのがイメージできますね。

外側にあるキューティクルが損傷してしまうと、どうしても「穴」のような隙間ができてしまいます。すると内側にあるたくさんの大切なものが外に逃げ出してしまう・・・

だからその隙間を、覆ってしまおう・・・っというのが従来のヘアケアでした。

しかし、本当に大事だったの、のり巻きの中のご飯。ここにあったご飯に一番大切な水分が残らない状態が続いて、干からびた状態から抜け出せないままになっていたのです。

ご飯はだんだん干からびて、それはどんどん表面のキューティクルに及んでいきます。

中が干からびてくると、きまって出てくるのが表面のひび割れです。

こうやって、髪の毛の表面がひび割れてキューティクルはどんどんめくれてしまう状態が作りだされていきます。

そこに、何度も何度もふたをしているのが従来のヘアケアです。

いつの間にか、生まれながら持っていた、素の髪の毛とは程遠い髪の毛になってしまってるのですね。

でも大丈夫です。そのような手入れを止めてしまえば、必ず本の素髪が取り戻せます。

とても勇気がいることかもしれませんが、長い目で見ていただくと、髪の毛のストレスは本当になくなっていきます。

この話は、これから時々やっていきます。

 

「非常識に髪の毛がサラサラ・ツヤツヤになる方法」15日間無料メールセミナー